葵殿

葵殿
白木が和を演出する、上質な室内

内装に白木のままの落ち着いた和風感覚を採り入れ、高級感を醸し出した葵殿。内装材を使い分け、米松(ベイマツ)の枠材と神宮杉の腰板を組み入れた部屋、同様に枠材・腰板ともにケヤキを使った部屋、枠材・腰板ともに塩地(シオジ)の部屋があり、棟内でも様々な木々の表情が楽しめます。

  • 葵殿イメージ01
  • 葵殿イメージ02
  • 葵殿イメージ03
  • 銘木
  • 銘木
    木目が美しく寺社建築にも多く用いられる欅や、伊勢神宮の敷地内に生える杉の中で一際大きい神宮杉。その他にも鳥海杉や檜など、葵殿では随所にこだわりの銘木を使っています。
  • お部屋の特徴
    帳場のある椿殿の奥にたたずむ葵殿では、ツインとシングルのお部屋を二十室ご用意。窓から見える色々な木々や鳥のさえずりが心を和ませます。
    • 北の丸案内地図
    • 客室情報
    • 客室数
    • シングル28㎡ / 3室、ツイン28㎡ / 17室
  • 葵殿平面図
その他の客室タイプ
桜殿
萩殿
藤殿
葵殿
ページトップへ
閉じる