花鳥風月 ❆月だより❆ 12月25日更新

今回は日本の伝統文化、おひな様特別展示のお知らせです。
徳川家康公と深きゆかりのある禅寺秋葉総本殿「可睡齋」では、
元旦の1月1日から『可睡齋ひなまつり』が開催となります。

人形供養で納めていただいていた約3,000体の雛人形を大切に保管し、

瑞龍閣(国登録有形文化財)の大広間に、32段1,200体のおひな様が飾られます。

img1110_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度は役目を終えたおひな様に「もう一度命を与えることはできないか」

との考えからこのひなまつり開催に至ったそうです。

  

 

img1225_1

img1225_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葛城北の丸では立雛(立っている夫婦雛)と、7段飾りの雛人形を可睡齋から
お借りし、入口横のロビーと2階ギャラリー横にそれぞれ展示をしております。

さらに、1月1日から『可睡齋ひなまつり特別前売券』の販売を帳場にて行います。


 

◆ 可睡齋ひなまつり 特別前売券 ◆
料  金:通常500円 ⇒ 特別価格450円
販売期間:平成30年1月1日~3月24日
販売場所:葛城北の丸 帳場 9:00~18:00
有効期限:平成30年1月1日~4月3日
     (可睡齋ひなまつり終了日まで)

ぜひ、葛城北の丸へお越しの際は展示中のおひな様をご覧いただき、可睡齋へ足を運んでみて下さい。