葛城 北の丸 YAMAHA RESORT KATSURAGI KITA NO MARU

伝統美と現代の感性が響き合う、「極上の日本」へ

かつて遠江の国と呼ばれた静岡・遠州。
日本の歴史と文化の交差するその地の奥座敷にある、
「現代の平城」ともいうべき非日常空間のリゾート、
ヤマハグループが展開する「葛城北の丸」。
歴史ある古民家を移築して誕生した「匠の技」が息づくその贅沢な空間と
日本の伝統美を現代の感性で進化させた
あなたの知らない「極上の日本」があります。
ヤマハが音・音楽で培った「感性」と「文化」が宿り
四季折々の自然と土地の文化体験を愉しめる日本の美しい宿で、
ゆったりと心と身体を解き放つ、格別な時間をお過ごしください。

TOPICS

10月ロビーラウンジミニコンサート開催

懐かしい曲から、みんなが知っている曲まで、北の丸のロビーに響くフルートとピアノのアンサンブルをお楽しみいただけます。ご夕食前のひと時...

森の赤焼「暁雲窯 作陶展」鈴木惠山 2階ギャラリーにて開催

遠州森町の森山焼は、明治42年、初代中村秀吉氏によって始められた焼物です。茶道遠州流の茶祖、小堀遠州公が日本全国の窯元より遠州好みとして...

新春の慶びを祝う 北の丸おせち料理

おせち料理とは、正月に食べるお祝いの料理です。 本来、暦上の節句のことを指し、その際に食べる料理をおせち料理と呼んでいました。現在では...

葛城北の丸 クリスマスディナー

葛城北の丸料理長[フレンチ 大角康行]・[日本料理 榛村圭史]が食材の良さを最大限に引き出したクリスマス特別ディナーを...

2019 HAMAMATSU JAZZ WEEK 連携企画 ~ Dinner&JAZZ Talk&JAZZ Live ~

今年で28回目の開催となる「ハママツ・ジャズ・ウィーク」の連携企画として、ビル・エヴァンス生誕90周年記念~ビル・エヴァンスとマイルス・デイヴィスとの対話~...

デザートのプロたちによる座談会「葛城北の丸のデザートのこれから」

2019年8月10~11日の2日間、北の丸で提供中の袋井産クラウンメロンを使用したスペシャルスイーツを監修したジャニス・ウォン氏が...


FACILITY やわらかな曲線がつくりだす心静かなひと時を

北の丸について

周囲を山に囲まれ、静寂に包まれた北の丸。
館内はやわらかな曲線を描く古木に支えられ、
遠州瓦の甍屋根や贅沢に花梨の木レンガを敷いた回廊、
壁面を飾る工芸やアート、木製のデザイン家具など、
新旧の和のエッセンスが随所に散りばめられています。
ここにあるのは懐かしくもあたらしい和の空間。
どうぞ、心静かにお過ごしください。

GUEST ROOM 花の名の客室からいまここにしかない四季のさなかへ

花の名がつけられた客室

藤、葵、桜、萩とそれぞれ花の名前を冠し、
ひと部屋ごとに違った表情を見せる北の丸の客室。
戸や窓をひらけばひときわ濃く鮮やかな四季に彩られ、
花の匂い、鳥の声、風のそよぎ、月の移ろい、
季節ごとに、また日々刻々と表情を変える自然に心動かされる
非日常の世界へみなさまをいざないます。

CUISINE 海の幸、山の幸、時の幸を、同時に味わうおとなの楽しみ

遠州の饗応料理

豊かな海と肥沃な大地に恵まれた静岡。
うなぎやふぐ、お茶やワサビなどの山海の幸、色とりどりの
野菜や果物が一年中収穫される幸にあふれたこの地で、
いま、このとき、食すべきものを厳選吟味し、
細心の仕事を施してご提供します。
地酒やワインも豊富に取り揃えているほか、静岡ならではの、
お茶とのマリアージュもお楽しみいただけます。

GARDEN 気の向くまま緑の庭と林を抜けて我にかえる

庭園と自然林が織りなす景色

自然と一体になってはじめて完成されるのが日本建築。
四季折々の花を咲かせ茶会なども催される
手入れの行き届いた庭園と、ほぼ手つかずの自然林。
どちらも北の丸にかかせない景色です。
樹や花、鳥たちとの思いも寄らぬ出会いは
みなさまの心をゆるやかにほどいてくれることでしょう。

PUBLIC BATH ゆったりと湯けむりに巻かれて夢心地

三処三様の湯処

古木の梁と柱、
釜の形をした石造りの浴槽がひときわ目を引く湯蔵。
野趣あふれる露天風呂を満喫できる湯殿。
柱や天井に使われた木目の美しさが際立つ
癒しとくつろぎの空間・湯屋。
三処三様の湯けむりを味わいながらゆったりと
贅沢なひとときをお過ごしください。

北の丸便り

ページトップへ
閉じる